純真舞台×Alice Memories朗読劇
「不思議の国のラビン」

有栖沢りょうプロデュースの朗読劇「不思議の国のラビン」に制作協力で参加いたします。
(作/有栖沢りょう・保邑リュウジ 演出/獅堂裕樹)
出演者や、チケット販売の詳細につきましては、追って情報を掲載致します。
どうぞお楽しみに!

不思議の国のラビン
不思議の国のラビン

原作/有栖沢りょう 脚色/保邑リュウジ
演出/獅堂裕樹(純真舞台)

3月8日(金)〜10日(日)

御茶ノ水KAKADO

あらすじ

この広い宇宙にある、地球から遥か遠い「惑星不思議の国」に、アリスという名の少年が住んでいました。
ある日、アリスは森の中で、1匹の紫色の髪の少女ウサギ・ラビンと出会いました。2人は毎日のように一 緒に遊び、やがて生涯を共に歩むことを誓う仲となりました。
しかし、少年アリスには、将来女性らしい見た目を持つという、自らも知らない能力が備わっていたのです。
一方、「惑星不思議の国」の隣にある女装文化を持つ民の星「惑星jyo-soh」の行動部隊・JR(Jyo-soh Resistance)のメテオは、アリスの能力を知り、全宇宙に女装文化を広めるための 広告塔にしようと、アリスを誘拐するために、「惑星不思議の国」に侵入しました。
その動きを察知したアリスの父親は、アリスを眠らせ、宇宙船に乗せて、2人で地球へ向かったのです。
しかし、ラビンはその宇宙船に乗ることができませんでした。
アリスと離れたくないラビンは、宇宙ポリスとしての訓練を積みながら、地球へ向かう機会を探ります。
地球に辿り着いたアリスの運命は?
そして、ラビンとアリスの再会には、悪の生命体・トッドドーラの出現によって波乱が!
果たして、2人はどうなってしまうのでしょうか。

CAST

後藤瑠美
一本鎗希華
渡辺史織
益田芳生
大津寄奏子(YScompany)
堤亮一
芳尾孝子
(以上、シングル)

銀縁眼鏡・逢坂美華※8日19:00、9日14:00、10日18:00出演
来栖ナツキ・えこの みぃ※9日19:00、10日13:00出演

TIMETABLE

8日(金)19:00
9日(土)14:00/19:00☆
10日(日)13:00/18:00☆
※受付開始・開場は、開演の30分前
☆…配信あり

TICKET

前売・当日 3,500円+1dr(500円)2月9日20:00ご予約開始

配信 2,500円

 ※ご購入の際【コメント欄に必ず、お目当てとなります出演者様のお名前のご記入】をお願い致します。
※生配信終了後、2週間アーカイブ配信を行います。

お問合せ

innocentstage65@gmail.com(獅堂)

アクセス

純真舞台第0回公演featuring Descris.

「シン・赤ずきん〜童話は童話〜」

シン・赤ずきん
シン・赤ずきん

この公演は終了致しました。
ご来場いただきました皆様、応援して下さった皆様に、心より感謝を申し上げます。
誠に有難うございました。

アーカイブ配信

本公演を収録した映像を、純真舞台ツイキャスアカウントでアーカイブ配信致します。
時期は、2024年2月中旬以降の予定です。
詳細が決まり次第、こちらのサイトやSNSでお知らせ致します。

「観劇三昧」で、「純・真リーディング」「ゆめいろリーディング」の動画を配信中です。是非ご覧下さい。

純・真リーディングvol.3

純・真リーディングvol.2

純・真リーディングvol.1

ゆめいろリーディングvol.2

ゆめいろリーディングvol.1

※ご覧になるには、「観劇三昧」に会員登録(無料)を行い、月1,045円(iOSは1,050円)のライセンスを購入する必要があります。

公演DVD販売中!

「純真舞台オリジナルグッズ」サイトにて、「ゆめいろリーディングvol.1」「ゆめいろリーディングvol.2」のDVDを販売しております。
見逃してしまった方、あの感動を何度でも味わいたい方、是非お求め下さい!

純真舞台とは

純粋な心で作品を作る。真っ新な状態で役と向きあう。そうして立ち現れる舞台は、お客様の心の奥まで染み通ります。この閉塞感の中、社会に分断が広がる時代にあって、そこに生きる「人間」を描ききり、見た方の魂の浄化、心の洗濯、それを助ける力になるような作品を、皆様にお届けしたい。
純真舞台の作品の目指すのはそこです。
ストレートプレイ、エンタメ、音楽劇、朗読劇、殺陣芝居…
どんな形態をとろうとも、作品に対して謙虚に、そして真摯に取り組み、お客様の「とっておきの1本」になるよう、私達は私達の「純真」を捧げます。

メンバー

獅堂裕希(しどう・ゆうき)
演出家。小劇場を中心に、エンターテインメント性の高い舞台を、外連(ケレン)と繊細さで魅せる演出方法が特徴。

協力

保邑リュウジ(ほむら・りゅうじ)
脚本家。主に小劇場や朗読劇、学生演劇向けの脚本を執筆。SFや現代社会を斬る作品を得意とする。